2011年11月20日

公務員試験の合格率

公務員にはかなりの職種があります。

あなたが目指す公務員の職種はなんですか?

その目指す職種によって、公務員試験が異なります。

では、公務員試験の合格率に触れたいと思います。

不況が続く現在の日本で、お給料が安定していて福利厚生も手厚く、
リストラの危険もない公務員と言う職業が今、人気を集めているようですね。

けれど、なりたいからと言って簡単になれる職業ではないのも公務員。

国が定めた公務員試験に合格する必要がありますが、
公務員試験の合格率はどのような状況になっているのでしょうか。

まず、ひとくちに公務員試験と言っても、
その職種や受ける自治体によって試験の難易度も全く異なります。

例えば、現在の日本を動かしているようなキャリア官僚になる為には、
「国家一種試験」に合格しなければなりませんし、その官僚の下で働きたかったら、
「国家二種試験」に合格しなければなりません。

その他にも、地方の公務員や、労働基準監督署、税務署、
または、警察署で働きたい場合も、それぞれ試験の難易度は異なってきます。

一般的に、国家一種試験は公務員試験の最高峰と言われていて、
最終合格者の約半数が東京大学の出身と言う日本を代表する難関試験です。

合格率も、平成20年度は7.2% 、平成21年度は6.7%、
平成22年度は4.8%、平成23年度は5.0%と毎年一桁台となっています。

ちなみに、高校卒業程度のレベルと言われている「国家三種試験」の合格率は、
平成20年度は13.5%、平成21年度は11.8%、
平成22年度は8.0%とこちらも狭き門となっています。

このように、公務員試験は簡単に合格出来るような試験ではありませんが、
受けてみる価値はあるでしょう。
posted by mpublic-service at 15:23| 公務員試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

公務員試験のおすすめ参考書

ここでは、数冊の公務員試験のおすすめ参考書をご紹介します。

そして、そのお勧め参考書のリンクを最後に載せておきますので、
ご覧ください。

では、公務員試験のおすすめ参考書についてお話しします。

「公務員試験を受けよう」と思い立って、
まず行う事は、やはり書店へ行って公務員試験とは一体どんな試験なのか、
参考書や過去問題を探す事でしょう。

けれど、書店の公務員試験のコーナーには、
かなりの数の参考書やテキストが並べてあって、
どれを手に取って良いのか迷ってしまう人が殆どだと思います。

ここでは、公務員試験に向けてのオススメ参考書や人気の本を紹介してみましょう。

公務員試験の参考書として評価が高い本が、「パスラインシリーズ」です。

この自然科学の本は評判が非常に高いので、是非一度目を通してみると良いでしょう。

また、「20日間で学ぶシリーズ」も非常にコンパクトにまとめられていて、
表などを使って解説も解り易く書かれています。

学習がサクサクと進む1冊になるでしょう。

いろいろなサイトや本で紹介されているのが、「畑中敦子シリーズ」です。

こちらは、数的処理の参考書としてトップクラスの人気を誇っていますが、
人によって好みがはっきりと分かれているようです。

参考書を選ぶ時のポイントは、
難解な問題に対しても解り易く解説している事が何より重要です。

一見判り易そうに解説していても、
実際に使ってみると難解な解き方をしていると言った事もあります。

最初は、評判が高かったり人気があったりする参考書を手に取り、
自分に合うか合わないかを判断して下さい。

効率的に勉強出来る参考書に出会える事が、合格への道となります。
posted by mpublic-service at 16:09| 公務員試験 参考書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

公務員試験2次対策

公務員試験の2次対策は、面接対策です。

面接官に好かれるどうか(仕事ができるかどうか)による。

面接官も人間ですから、対策はあります。

では、公務員試験の2次対策について考えていきましょう。

公務員試験の1次に合格する人は、実際にはかなり多いと言われていて、
合格定員数に対して7倍以上の人が、1次試験では合格になったと言う話も耳にします。

この事からも、たとえ公務員試験の1次に合格したからと言って
喜んでばかりはいられません。

問題なのが、次に行われる2次試験です。

近年の公務員試験は、人物評価を重視していると言われています。

一般的な美辞麗句を並べたような、
面接官が好む人物像を作り上げる試験対策だけをしていては、
合格はちょっと難しいかもしれませんね。

それでは、どうすれば良いのか。

まずは、「どうして自分は公務員になりたいのか」を初心に戻って自問自答してみましょう。

公務員になって何をしたいのか、公務員になったら自分に何が出来るのか、
志望先ではどんな人をどんな風に助けてあげられるのか。

自己分析を繰り返す事で、具体的に将来がイメージ出来るようになります。

志望動機さえしっかりしていれば、面接の際でも緊張する事なく、
自分の言葉で面接官に信念を伝える事が出来るでしょう。

面接の際には、この熱意が一番必要です。

誰だって、口先で良い事ばかりを並べている人よりも、
しっかりとした信念を持ってこれから働いて行こうと考えている人と、
これから同じ職場で働きたいと思うはずですよね。

面接は、どのような対策をしていても、結局最後はその人の人柄が決め手となります。

徹底的に自己分析を繰り返し、
しっかりとした信念を相手に伝えられるよう心掛けて下さい。
posted by mpublic-service at 12:43| 公務員試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

公務員1次試験対策

公務員試験もご多分に漏れず、過去問を解き、
自分の苦手なものをまず見つけます。

その苦手な問題から取り組み、マスターしていく。

苦手な問題が多い場合は、スケジュールを組んで勉強するのもいいかもしれません。

では、一般的な公務員1時試験対策についてお話しします。

公務員試験は難しいと言ったイメージがあると思いますが、
確かに数ヶ月の勉強で合格出来る程、簡単な試験ではありません。

試験項目も、他の国家試験に比べると科目数も非常に多くなり、
国家二種以上にもなると20〜30教科以上の勉強が必要となってきます。

そこで試験対策として必要となってくるのが、
いかにこれだけの教科を効率良く勉強する事が出来るか、です。

もちろん、一科目一科目を完璧にマスターする事は無理な話ですよね。

地方の公務員採用試験の1次試験でのボーダーラインは、
6割程度に設定されていると言われています。

このラインを目指し、自分なりにいかに効率良く勉強出来るかが合格の鍵となるでしょう。

ただし、1次試験が教養試験のみの場合には専門試験が無い分、
当然試験範囲も狭くなりますので、7〜8割程度を目標としなければなりません。

反対に、1次試験で専門試験がある場合には、
専門試験の方が配点比率は高くなる傾向がありますので、
専門試験に重点をおいて勉強するのも対策のひとつですね。

専門試験には、法律科目、政治科目(行政科目)、経済科目と言った3分野がありますが、
その中でも法律科目の憲法は他の科目より覚え易く解き易いと言う事で、
より得点に結びつく問題だと言えます。

法律科目の基本にもなる憲法を、しっかりと理解する事を優先させて下さい。

また、本番の試験の雰囲気や時間配分を実体験する為に、
模擬試験を受ける事はとても有効な試験対策となりますので、
機会があったら是非受けてみると良いでしょう。
posted by mpublic-service at 11:54| 公務員試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

公務員のメリデメ

どんな職業でもメリットデメリットはあります。

世間が不景気な時は、公務員が人気がありますが、
好景気(最近は耳にしませんが)の時は違います。

では、公務員のメリットデメリットについてお話しします。

今や公務員は人気の業種。

現在勤めている会社を辞めてまで、公務員に転職しようとしている人まで現れる程です。

そんな人気の公務員ですが、やはりメリットと同じようにデメリットもありそうな気配。

それでは、公務員になるメリットとデメリットを考えてみましょう。

まず、メリットから。なんと言っても、「安定している」の一言に尽きます。

一般の会社と異なり、倒産したりリストラされたりと言った不安要素がありません。

失敗しなければ、定年まで安定した収入を得る事が約束されています。

それと同じように、公務員であれば住宅ローンを組む際に審査がかなり有利になりますし、
たとえ住宅を購入しない場合でも格安の公務員住宅に入居する事が出来ます。

経済的にも将来の計画が立て易くなるでしょう。

また、各種福利厚生も十分整っているので、女性は育児休暇も取りやすく、
一生働いていける環境であると言えます。

なんとなくメリットばかりが目に付いてしまいますが、
実際にはデメリットもあるのですよ。

バブルの時期には公務員が見向きもされなかったように、
どんなに世の中が好景気になったとしても給与はほとんど上がりません。

いくら頑張っても、それに見合うだけの高収入は得られないと言う訳です。

また、転勤も多く縦社会でもあるので、
それなりの職場でのプレッシャーはあるでしょう。

公務員と言うだけで、いわれのない嫌味を言われてしまう場面も多いはずです。

そう言った覚悟があるのならば、公務員は魅力的な業種のひとつだと言えるでしょう。
ラベル:公務員
posted by mpublic-service at 03:43| 公務員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

公務員になるために専門学校へ

思考は現実化するは、ナポレオンヒル博士の著書です。

逆に、あなたが想像できないものには、あなたは決して成れない。

あなたが具体的に想像できることができれば必ず現実のものになるでしょう。

では、公務員になるために専門学校へについてお話しします。

公務員は狭き門と言われているくらいに、
確かに独学で合格するには難関過ぎる試験かもしれません。

けれど、専門学校に通ったからと言って、
それだけで合格する訳でも、もちろんありません。

専門学校に通っても通わなくても、本人の努力次第で合格出来る試験です。

ただ、効率的に公務員試験の勉強をしたいのであれば、
やはり専門学校に通った方が良いと言えます。

専門学校では専用のテキストが用意されていますし、
有益な情報も多く手に入れる事が出来ます。

公務員試験に詳しい講師にいろいろと相談する事も出来れば、
面接の練習や面接試験でのマナーも教えてくれるでしょう。

これらの事からも、もし時間的にも金銭的にも余裕があるようであれば、
専門学校に通う事をお勧めします。

その際には、専門学校選びも重要なポイントとなります。

数校に資料請求をしてみて、
その学校がどのようなカリキュラムで授業を行っているのか、
テキストはどのような物を使っているのか、
また、充実した学習施設が揃っているのかも、選択するポイントとなります。

その学校の公務員試験の合格率にのみに惑わされる事がないよう、
あなたの視点から専門学校を選んで下さい。

どんなに有名な専門学校でも、全員が公務員試験に合格する事は不可能です。

試験の内定が出るまではかなりの時間が掛かるので、
専門学校に通っていても不合格になった際の今後の就職活動の事も念頭に置いておきましょう。
ラベル:公務員 専門学校
posted by mpublic-service at 14:48| 公務員になるには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。