2011年11月08日

公務員になるために専門学校へ

思考は現実化するは、ナポレオンヒル博士の著書です。

逆に、あなたが想像できないものには、あなたは決して成れない。

あなたが具体的に想像できることができれば必ず現実のものになるでしょう。

では、公務員になるために専門学校へについてお話しします。

公務員は狭き門と言われているくらいに、
確かに独学で合格するには難関過ぎる試験かもしれません。

けれど、専門学校に通ったからと言って、
それだけで合格する訳でも、もちろんありません。

専門学校に通っても通わなくても、本人の努力次第で合格出来る試験です。

ただ、効率的に公務員試験の勉強をしたいのであれば、
やはり専門学校に通った方が良いと言えます。

専門学校では専用のテキストが用意されていますし、
有益な情報も多く手に入れる事が出来ます。

公務員試験に詳しい講師にいろいろと相談する事も出来れば、
面接の練習や面接試験でのマナーも教えてくれるでしょう。

これらの事からも、もし時間的にも金銭的にも余裕があるようであれば、
専門学校に通う事をお勧めします。

その際には、専門学校選びも重要なポイントとなります。

数校に資料請求をしてみて、
その学校がどのようなカリキュラムで授業を行っているのか、
テキストはどのような物を使っているのか、
また、充実した学習施設が揃っているのかも、選択するポイントとなります。

その学校の公務員試験の合格率にのみに惑わされる事がないよう、
あなたの視点から専門学校を選んで下さい。

どんなに有名な専門学校でも、全員が公務員試験に合格する事は不可能です。

試験の内定が出るまではかなりの時間が掛かるので、
専門学校に通っていても不合格になった際の今後の就職活動の事も念頭に置いておきましょう。
posted by mpublic-service at 14:48| 公務員になるには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

公務員は学力至上主義

公務員には、国家公務員、地方公務員があり、
全てが学力至上主義とまでは言えません。

ですが、目的の公務員になるための、
学力は必要ですし、その学習方法は存在します。

では、公務員は学力至上主義についてお話しします。

公務員になるには、学力さえあれば誰でもなれるものでしょうか?

種類や職種を問わないのであれば、
高校卒業程度以上であれば、基本的に誰でもなれる可能性はあります。

その時に、学力は大きな武器になると言えるでしょう。

ただ、その学力についても、
公務員試験に沿った勉強をしなければなりません。

一般教養試験というものがありますが、
これは学校の勉強のみでは好成績が取れない場合もあります。

一般知能や一般知識、自然科学については、
問題集や参考書などを買って勉強することが大切です。

実際には、決して簡単なものではありません。

しかし、基礎的な学力を持ち、しっかり勉強すれば、
それほど心配要らないでしょう。

基本的に公務員になるには、年齢制限がある場合がほとんどです。

いくら学力があっても、年齢を超えてしまっては受けることができません。

なので、公務員になりたいと思ったら、早めにチャレンジすることが大切です。

また、国家公務員1種であれば、東大を出ていた方が有利だといわれています。

それに、学力があっても大学を出ていなければ、受けられない試験もあります。

公務員の仕事は多岐にわたるので、
自分のしたい仕事に必要な学歴・学力を持っているかを確認しないといけません。

それに、専門職になれば、必要な資格を持っていることが必須条件になります。

ちなみに、日本の国家公務員は日本人しかなれません。

地方公務員であれば、在日外国人でもなれる場合が多いです。
タグ:公務員
posted by mpublic-service at 14:31| 公務員になるには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

公務員になるには

時代時代によって、公務員へ人が殺到するかしないかが分かれます。

経済が低調な時、不況の時などは、
公務員に人が殺到する傾向にあります。

そんなときに、便りなるのが、普段からの学習になります。

広く少し深い知識の上の毎日の勉強があなたを助けます。

では、公務員になるにはをお話しします。

公務員になるためには、どのような流れがあるのでしょうか?

基本的には、公務員試験を受け、
その試験に合格しないと公務員にはなれません。

一般的な流れをご紹介したいと思います。

まず、募集要項を手に入れます。

それから、受験の申し込みをして、一次試験を受けます。

一次試験は、筆記試験で、一般教養や学力の試験を行います。

まずはこれに合格しないといけません。

さらに、この時の点数がとても重要であったりします。

一次試験に合格したら、次は二次試験を受けます。
二次試験は面接になります。

二次試験に合格すれば、公務員への道が開けるでしょう。

合格か不合格かは、一次試験と二次試験の点数の合計で判定されます。

でも、二次試験の面接においては、
よほどでない限り、あまり差が出ることはありません。

そこで肝心なのは、やはり、一次試験(筆記試験)の点数になります。

より高い点数を取った者が有利となるのです。

ただ、公務員試験に合格したからといって、
必ずしも採用されるとは限りません。

辞退者のことも考えて、多めに合格者を出す場合がほとんどです。

辞退者が少なかった場合は、当然、採用されない人も出てくるでしょう。

この場合も、試験で点数の高かった人から採用されます。

なので、ギリギリで合格した人は採用から漏れてしまうこともあるのです。

公務員になるための競争倍率や難易度は、
種類や技術系などの業種によっても違います。

不況といわれて久しい近年では、
競争倍率が100倍を超えることも珍しくなくなりました。
タグ:公務員
posted by mpublic-service at 18:55| 公務員になるには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする