2011年11月20日

公務員試験の合格率

公務員にはかなりの職種があります。

あなたが目指す公務員の職種はなんですか?

その目指す職種によって、公務員試験が異なります。

では、公務員試験の合格率に触れたいと思います。

不況が続く現在の日本で、お給料が安定していて福利厚生も手厚く、
リストラの危険もない公務員と言う職業が今、人気を集めているようですね。

けれど、なりたいからと言って簡単になれる職業ではないのも公務員。

国が定めた公務員試験に合格する必要がありますが、
公務員試験の合格率はどのような状況になっているのでしょうか。

まず、ひとくちに公務員試験と言っても、
その職種や受ける自治体によって試験の難易度も全く異なります。

例えば、現在の日本を動かしているようなキャリア官僚になる為には、
「国家一種試験」に合格しなければなりませんし、その官僚の下で働きたかったら、
「国家二種試験」に合格しなければなりません。

その他にも、地方の公務員や、労働基準監督署、税務署、
または、警察署で働きたい場合も、それぞれ試験の難易度は異なってきます。

一般的に、国家一種試験は公務員試験の最高峰と言われていて、
最終合格者の約半数が東京大学の出身と言う日本を代表する難関試験です。

合格率も、平成20年度は7.2% 、平成21年度は6.7%、
平成22年度は4.8%、平成23年度は5.0%と毎年一桁台となっています。

ちなみに、高校卒業程度のレベルと言われている「国家三種試験」の合格率は、
平成20年度は13.5%、平成21年度は11.8%、
平成22年度は8.0%とこちらも狭き門となっています。

このように、公務員試験は簡単に合格出来るような試験ではありませんが、
受けてみる価値はあるでしょう。
posted by mpublic-service at 15:23| 公務員試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

公務員試験のおすすめ参考書

ここでは、数冊の公務員試験のおすすめ参考書をご紹介します。

そして、そのお勧め参考書のリンクを最後に載せておきますので、
ご覧ください。

では、公務員試験のおすすめ参考書についてお話しします。

「公務員試験を受けよう」と思い立って、
まず行う事は、やはり書店へ行って公務員試験とは一体どんな試験なのか、
参考書や過去問題を探す事でしょう。

けれど、書店の公務員試験のコーナーには、
かなりの数の参考書やテキストが並べてあって、
どれを手に取って良いのか迷ってしまう人が殆どだと思います。

ここでは、公務員試験に向けてのオススメ参考書や人気の本を紹介してみましょう。

公務員試験の参考書として評価が高い本が、「パスラインシリーズ」です。

この自然科学の本は評判が非常に高いので、是非一度目を通してみると良いでしょう。

また、「20日間で学ぶシリーズ」も非常にコンパクトにまとめられていて、
表などを使って解説も解り易く書かれています。

学習がサクサクと進む1冊になるでしょう。

いろいろなサイトや本で紹介されているのが、「畑中敦子シリーズ」です。

こちらは、数的処理の参考書としてトップクラスの人気を誇っていますが、
人によって好みがはっきりと分かれているようです。

参考書を選ぶ時のポイントは、
難解な問題に対しても解り易く解説している事が何より重要です。

一見判り易そうに解説していても、
実際に使ってみると難解な解き方をしていると言った事もあります。

最初は、評判が高かったり人気があったりする参考書を手に取り、
自分に合うか合わないかを判断して下さい。

効率的に勉強出来る参考書に出会える事が、合格への道となります。
posted by mpublic-service at 16:09| 公務員試験 参考書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。