2011年10月23日

公務員は学力至上主義

公務員には、国家公務員、地方公務員があり、
全てが学力至上主義とまでは言えません。

ですが、目的の公務員になるための、
学力は必要ですし、その学習方法は存在します。

では、公務員は学力至上主義についてお話しします。

公務員になるには、学力さえあれば誰でもなれるものでしょうか?

種類や職種を問わないのであれば、
高校卒業程度以上であれば、基本的に誰でもなれる可能性はあります。

その時に、学力は大きな武器になると言えるでしょう。

ただ、その学力についても、
公務員試験に沿った勉強をしなければなりません。

一般教養試験というものがありますが、
これは学校の勉強のみでは好成績が取れない場合もあります。

一般知能や一般知識、自然科学については、
問題集や参考書などを買って勉強することが大切です。

実際には、決して簡単なものではありません。

しかし、基礎的な学力を持ち、しっかり勉強すれば、
それほど心配要らないでしょう。

基本的に公務員になるには、年齢制限がある場合がほとんどです。

いくら学力があっても、年齢を超えてしまっては受けることができません。

なので、公務員になりたいと思ったら、早めにチャレンジすることが大切です。

また、国家公務員1種であれば、東大を出ていた方が有利だといわれています。

それに、学力があっても大学を出ていなければ、受けられない試験もあります。

公務員の仕事は多岐にわたるので、
自分のしたい仕事に必要な学歴・学力を持っているかを確認しないといけません。

それに、専門職になれば、必要な資格を持っていることが必須条件になります。

ちなみに、日本の国家公務員は日本人しかなれません。

地方公務員であれば、在日外国人でもなれる場合が多いです。
タグ:公務員
posted by mpublic-service at 14:31| 公務員になるには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

公務員の仕事は楽です?

どんな仕事でも傍目からは楽そうに見えるものです。

でも、自分が実際にその仕事をすると、え?と感じるかもしれません。

「隣の芝生は青く見える」

「公務員の仕事が楽だから、選んだ」は間違った考えです。

では。実際に公務員の仕事が楽なのか検証してみたいと思います。

一般的に公務員って、仕事は楽だし残業もないというイメージがありますよね。

果たして、それは本当にそうなのでしょうか?

実は、これって間違ったイメージです。

確かに、仕事が楽で、定時にあがれる業務や職種もあることでしょう。

しかし、すべてがそうではないということです。

実際には、官公庁や職種、配属される先によって、非常に差があります。

例えば、国家公務員1種。

霞ヶ関の官僚などがそうですが、
明け方まで仕事をすることなんて日常茶飯事だそうです。

毎日残業に明け暮れる毎日なので、体力がないと務まらないようですよ。

それに、国立・公立病院などの医師は公務員ですが、
不眠不休で働いている場合も多々あります。

行政サービスに至っては、地域住民色んな人を相手にしますので、
かなり気苦労が多いとも言われています。

残業がないというイメージについては、
時間になったらきっちり閉める窓口業務がありますから、
そういうイメージも持たれやすいのかもしれません。

しかし、本当は公務員のサービス残業というのも、よくある話なのです。

逆に、残業代が付きにくく、
休憩時間も返上して定時に仕事を終わらせてるケースもあるそうです。

公務員の仕事が楽かどうか、残業があるかどうかは、
公務員の種類や職種によって、かなりの差があるといえるでしょう。

ただ、そうはいっても、一部を除いて、
基本的に営業成績やノルマなどを求められることはなく、
リストラされることもないので、
そういった意味では気分的に民間より楽というのはあるはずです。
タグ:公務員
posted by mpublic-service at 13:57| 公務員の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする